インクリア

カンジダは生理の前後で消えたりするの?その疑問に答えた

生理の前や後になると、カンジダの症状が消えてしまう、そんな疑問がネットでも話題となっています。そんなことが本当にあるのでしょうか?その疑問に答えるために徹底的に調べてみました。するといがいな事実が見えてきましたのでご紹介させていただきます。

 

そもそもカンジダになるのはどうしてなのか、というところを知ることで、この疑問の答えがでてくるのではないでしょうか。症状はわかっていても、どういう流れで発症してしまうのかということもきちんと知っておきましょう。

 

 

カンジダが発症するのはなぜ?

 

カンジダ菌という菌は、私たち人間の体内にもある常在菌の一つです。カンジダ菌はみんなが持っている菌ですが、発症する人と発症しない人がいます。

 

疲れがたまっていたり、ストレスを抱えていたりすると、菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。そういう方はカンジダを発症しやすい状態にあると思っておいてください。風邪をひいたり、妊娠したりすると、免疫力が低下しカンジダを発症しやすくなります。

 

発症するとまず、おりものがカッテージチーズのように、白くぼそぼそとしたような感じになります。それと同時に、膣やその周辺に痒みが発生し、その痒みはどんどん悪化します。どうしても下着でこすってしまいがちで、皮膚が腫れたりしてしまいます。
ひどくなると、性交渉で痛みを感じるようにもなります。

 

カンジダの症状がみられたら、自分でなんとかしようとするよりも、婦人科などを受診して膣洗浄をしてもらい、軟膏などを処方してもらったほうが早く治ります。自然治癒することもありますが、病院に行ったほうが確実に治せます。

 

 

カンジダと生理の関係は?

 

女性の膣の中の乳酸菌は、ホルモンバランスによってその働きがよくなったり、低下したりします。ホルモンバランスで左右されるということなのです。

 

普段はホルモンバランスも整っている状態で、膣内の乳酸菌がしっかりとカンジダ菌の増殖をおさえてくれています。女性には毎月、このホルモンバランスが崩れる時期というものがあります。

 

それが生理前です。

 

生理前になると、なんだか体調が悪くなるという女性は多いはずです。風邪をひきやすくなったり、疲れが取れにくくなったりしますよね。この時期はホルモンバランスも崩れるので体調を崩しやすく、抵抗力もすぐに落ちていってしまいます。

 

抵抗力が落ちれば、カンジダ菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。

 

また、普段の膣内は乳酸菌の自浄作用もあって、程よく酸性をキープできています。この状態を保てているからこそ、雑菌の侵入や繁殖を防ぐことができているのです。

 

ですが生理前になるとプロゲステロンの影響を大きくうけて、どんどん酸性が強くなっていきます。カンジダ菌は酸性の環境で元気になるので、この時期の膣内はカンジダにとってはとても居心地の良い環境になってしまうのです。

 

生理前になるとカンジダを発症する女性が多いのは、こういう理由からだったのです。

 

 

カンジダは生理で消えるの?

 

先にも書いている通り、ホルモンバランスが崩れる生理前にカンジダを発症することがよくあります。ですから、生理前に消えるということはあり得ないと考えていいのではないでしょうか。

 

生理が終わるころになると、カンジダが治ったという人がいます。これはあり得ることです。生理が終わるころになると、ホルモンバランスも元に戻ってきます。カンジダの症状が、生理の終わりに近づくにつれて少しずつよくなっていくことはあるでしょう。

 

毎月カレンダーをみながら、生理が近づいてくると「また痒くなりだす頃かな」と憂鬱な気分になり、生理の終わりが近づいてくると「やっと治まるころかな」というのを繰り返すのもつらいですよね。

 

ホルモンバランスが乱れるのは、女性は仕方がないことですが、できるだけカンジダを発症させないようにすることも可能です。実際、生理前にすべての女性がカンジダになるわけではありません。

 

生理前になると体調も悪くなりがちなので、そういった時は無理をせずしっかりと休息をとるようにしましょう。働いたり、子育てをしているとなかなかそうはいきませんが、細切れでも体を休めたり、リラックスできる時間をもつよう心がけてくださいね。