インクリア

あそこの臭いが気になる!匂い別の危険度について

あそこ(デリケートゾーン)の臭いが気になっていませんか?それは身体からの何かのサインかもしれません。臭い別の危険度について詳しくご紹介させていただきます。

 

女性にとってあそこの臭いは大きな悩みの種です。気づかないうちに匂いがきつくなっていて、彼から指摘されてすごく恥ずかしかった、という経験をしたことのある女性もいるはずです。匂いは、体の異変を知らせてくれている場合もあります。どんな匂いがあるのか、危険度なども知っておきましょう。

 

 

あそこの臭いはどこからくるの?

 

女性のあそこ(デリケートゾーン)の臭いは、生理中であれば、ナプキンなどで蒸れることで発生します。また、おりものなどの臭いである場合もあります。普段から生理前から生理が終わるまでの間は、多くの女性があそこの臭いを気にするはずです。

 

ただ、それ以外の時に普段とは違った臭いがする場合は、婦人科系の疾患や性病だけでなく、胃や肝臓、肺、腎臓などの異常からきている可能性が非常に高いです。そのままにしておくと当然症状は悪化します。

 

いつもとは違った臭いを感じたら、なるべく早めに婦人科や内科などを受診するようにしましょう。

 

 

こんな匂いは要注意!

 

あそこの臭いといってもいろんな匂いがあります。匂いやおりもの、その他の症状から病気を疑うようにしてください。

 

・くさい
とにかくくさいだけでなく、おりものにうっすらとでも血のようなものが混じっている。血便、血尿、頻尿、だるい、といった症状がある場合「子宮頸がん」を疑ってください。早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

・匂いが強い
匂いとともに、おりものが黄色い膿状で、不正出血や発熱、下腹部痛、腰痛を伴う場合は、「子宮内膜炎」の可能性があります。産後に発症する方が多いです。慢性的になってしまうと、それが不妊の原因にもなるので注意しましょう。

 

・アンモニア臭
この匂いとともに、血圧が高くなったり、むくみやすくなったり、尿の色やトイレの回数に変化が見られた場合、腎臓の不調からきている場合があります。尿の色は赤みを帯びたり濁ったりするだけでなく、泡立つこともあります。

 

・腐った肉臭
鼻炎、呼吸困難、発熱、咳、痰、気管支炎、胸痛などの症状があるときは、肺の不調を疑ってください。

 

・腐った卵臭
吐き気、胸やけ、げっぷ、腹痛、お腹のもたれなどがあるときは、胃腸の不調からきているのかもしれません。

 

・ドブ、カビ臭
体がだるく、発熱や吐き気、黄疸などがでていたら、肝臓の不調を疑う必要があります。

 

・生臭い
おりものの色が灰色に変色し、あそこに痒みある場合は「細菌性膣炎」の疑いがあります。生活リズムが崩れることで発症しやすくなります。

 

・くさい
緑色のおりもので、下腹部痛を伴う場合は「クラミジア」。おりものが膿のような感じになっていて量も増えているなら「淋病」を疑いましょう。どちらの性病も、性交渉によって感染する病気です。クラミジアに関しては、口からの感染の可能性もあります。

 

・強い匂い
白いチーズ状のおりもので、かゆみと痛みがある場合は、「カンジダ膣炎」の可能性があります。体の抵抗力や免疫力が落ちることで、発症しやすい病気です。

 

黄色や黄緑色のおりものがあり、痒みと尿をする時に痛みがあるなら、「トリコモナス膣炎」かもしれません。性交渉でうつることが多いのですが、プールやお風呂などで感染することもあります。

 

 

どんな匂いが危険なの?

 

先にご紹介した通り、匂いやおりものの色、その他の症状によって病気が違ってきます。どんな匂いが危険なのかということに関してですが、先にあげたものは全て危険です。

 

性病は治療すると治るものがほとんどです。だからといって安心しきってしまってはいけません。性病もれっきとした病気です。早期治療をしないと、完治までに時間がかかってしまいます。

 

「これぐらいなら平気」

 

と甘くみないで、おりものの状態や匂いの変化をしっかりと確認して、異常があればすぐに婦人科などで診てもらうようにしてください。

 

何度もいいますが、あそこの臭いは体からのSOS信号です。他に何か症状がでていないかどうかをしっかりと確認するようにしてくださいね。