インクリア

おりものの臭いの原因はコレだった!

おりものの臭いが気になる女性は多いです。でもその原因が何なのかを知っている人はいがいとまだ少ないです。そこで今回はおりものの原因が何なのか、詳しくご紹介させていただきます。

 

おりものの臭いの原因によって対策方法も変わってきます。今まで原因もわからず悩まされてきた臭い。もやもやをスッキリさせるためにも、是非最後までご覧ください。

 

 

おりものの臭いの原因〜生活習慣編〜

 

おりものの臭いで多いのが「すっぱい臭い」です。いつもはそんなに気にならないのに、すっぱい臭いがきつく感じるという場合、生活習慣の中に原因が潜んでいることがあります。

 

・体調不良
疲れがたまって体調不良の状態が続くと、女性ホルモンのバランスが崩れます。また、抵抗力も落ちてしまうため、膣の自助作用も低下し、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。これが臭い発生の原因となります。

 

・ストレス
現代人はストレスの塊といわれるほど、ほとんどの方がストレスを抱えて日々過ごしています。ストレスも女性ホルモンのバランスが崩れる原因となって臭いをきつくしてしまいます。

 

・洗いすぎ
デリケートゾーンの臭いが気になって、お風呂に入ったときについつい石鹸で洗いすぎていることがあります。その結果、自浄作用が低下してしまい雑菌繁殖につながります。入浴時の洗いすぎだけでなく、ビデの使い過ぎも自浄作用低下を招いてしまいます。

 

 

おりものの臭いの原因〜病気編〜

 

すっぱい臭いではなく、あきらかにいつもとは違った臭いがする場合は、病気が原因となっていることがあります。考えられる病気は以下の通りとなります。

 

・カンジダ膣炎
臭いが非常に強く、おりものが白いカッテージチーズ状ならカンジダ膣炎を疑ってください。非常に強い痒みや痛みを伴うケースもあります。

 

・細菌性膣炎
おりものがさらっとしていて灰色になり、痒みも発生します。臭いは生臭い感じがするという特徴があります。

 

・トリコモナス膣炎
泡立ったおりもので、色は黄色や淡いグレーをしていて、痒みやおしっこをする時に痛みを伴っていたら、トリコモナス膣炎の可能性があります。

 

・淋病
かなりの悪臭で、おりものがまるで膿のような黄緑色をしていて量も増えていたら、この病気というサインです。放置すれば不妊になることもありますので、すぐに婦人科を受診しましょう。

 

・クラミジア
臭いもそうですが、下腹部に痛みがあり、緑色の見たことのない色のおりものがでたら、この病気である確率が高くなります。

 

・子宮内膜炎
不正出血が続き、下腹部の痛み、腰痛、発熱、黄色い膿のようなおりものになります。この病気は不妊になってしまうこともありますので、異変を感じたら早めに受診してください。

 

・子宮頸がん
明らかに血が混じっているおりものは危険です。不正出血や倦怠感、血便や血尿、頻尿などの症状がみられたら、この病気を疑うべきです。

 

これらのほかにも、肺や胃、肝臓や腎臓などの内臓系の不調から、おりもの臭いがきつくなったりすることがあります。その場合、体に様々な症状がすでに出ていることが多いので、過信せずにすぐに専門機関で診察を受けるようにしてください。

 

 

おりものはしっかりと観察しよう!

 

おりものを観察するなんて・・・そういう声もあるかもしれません。ですが、おりものの色や臭いはあなたの体の不調を知らせてくれているのです。きちんとそのサインに目を向けてあげることが、病気の早期発見早期治療につながります。

 

命にかかわる病気のサインのこともあります。また、そうではないものもあります。ただ、命にかかわらないからといって放置していいわけではありません。もし何らかの性病に感染していたら、性交渉を通じて感染を広げてしまうこともあります。

 

自分の為にも、大切な人のためにも、異変を感じたらすぐに病院に足を運ぶようにしてください。

 

生活習慣が原因であることがわかったなら、まずはその原因を改善することからはじめましょう。ストレスはため込まずに上手に解消し、疲れをためこまないよう、しっかりと休息をとることを心がけてください。