インクリア

インクリアはカンジダ真菌の増殖を抑える?予防効果の高い理由とは?

インクリアは膣内の洗浄剤として人気が高まっています。膣内というデリケートな場所の問題なので自宅で自分で手軽にできるという点も人気の理由となっています。膣内の洗浄というのは膣内を清潔に保ち、気になる臭いをなくしたり感染症などの予防だったりの目的があります。どちらも膣内の菌が原因である事が多いので、感染症の菌もインクリアで減らす事ができれば嬉しいですね。膣内の菌ではカンジダがよく聞かれますがインクリアもカンジダには効果があるのでしょうか?体験談なども踏まえて色々調べてみました。

カンジダ真菌症とは?

そもそもカンジダといわれるのは、膣カンジダ症やカンジダ腟炎などというカンジダ真菌というカビの仕業で起こる感染症なのです。カビと言ってもカンジダ真菌は誰の皮膚や粘膜にも元から存在していて健康で異常がなければ悪影響を及ぼすことはないのです。しかし、疲れやストレス・妊娠などで体力や免疫力が落ちるとカンジダ真菌が増えて悪さをし出して痒みや痛みを感じて炎症を起こすようになるのです。本当の初期の場合、自覚症状がないのがほとんどです。例え痒みや痛みが無くてもおりものが増えたりおりものが緑かがっていたり白っぽかったり、ポロポロとした固まりであったりした場合はカンジダ腟炎に罹患している可能性があります。一度発症するとまたかかりやすいという嫌な情報がありました。

インクリアはカンジダ真菌に効果あり?

体験談の中には、インクリアでカンジダ腟炎の症状が和らいだり治ったりしたという話もあります。本当にカンジダ腟炎にも効果はあるのでしょうか?膣内洗浄剤と言ってもインクリアは膣が元から持つ自浄作用をサポートする働きをするのです。その為膣内環境が整えば
カンジダや細菌による感染症は予防する事ができます。また予防だけでなく、本当にまだごく初期のカンジダ真菌症であれば、膣内環境にプラスして免疫力を上げる事により症状を和らげたり、自然治癒が叶ったりといった効果に期待ができます。もし完全に患ってしまった場合もインクリアは医薬品ではないのでそのまま安心して使えます。そして自浄作用の回復がみられればカンジダ腟炎にも効果は期待できるはずです。ただしインクリアには洗浄効果はあっても薬としての効果はないので、使用していても強い痒みや痛みが変わらなかったり、ただれてしまうように炎症が起きてしまった場合は無理して使い続けずに病院で受診してください。

インクリアの効果が早く予防率が高い理由

インクリアの体験談や口コミでよく見掛けるのが「効果を早く実感できた」というものでした。これは嬉しい事です。しかしなぜ効果がこれほど早く感じられるのでしょうか…?元々臭いや痒みが出るのは膣内の環境が乱れた事が原因。正常な環境であれば菌の浸入や繁殖を防いでいるのでその様な事は起こりません。という事はいやな症状を治す為には膣内を正常な環境に戻してあげればいいのです。インクリアは良い膣内環境と同じ成分で作られているのでワンプッシュ使用するだけでたちまち正常な膣内環境と変化するのです。効果を早く感じた理由はここにあるのです。また口コミの中には「一度使用したら数日臭いが消えた」というものや「3日〜4日に1回の使用です」という方も多く見られました。これはインクリアの持続性を表したもので、一般の洗浄液や石鹸は1日〜2日の効果ですがそれに比べて長いのもインクリアの特徴です。特にカンジダ腟炎は再発しやすいとされますがインクリアはこの予防にも最適で、膣内の善玉菌による自浄作用が正常であればカンジダの原因となる雑菌の繁殖はないのでこの善玉菌をサポートする乳酸を膣内に挿入してあげる事が予防に繋がると考えられています。インクリアは乳酸というのが一番のポイントで、他の洗浄剤は精製水だったりするので、注意が必要です。ウォッシュレットやビデ、お風呂も同じでいつも水で洗い流すのはその必要な善玉菌も洗い流してしまうので逆効果になってしまいます。このような仕組、作用でインクリアはカンジダ真菌症におすすめとされています。