インクリア

オリモノのにおいの正体は乳酸菌?勘違いしやすいポイントとは

オリモノのにおいが気になることってありますよね。どうしてそんなにおいがするのでしょうか?乳酸菌のせいだという声もあるのですが、いったいどういうことなのかをご紹介させていただきます。

 

オリモノのにおいはなかなか表現しにくい場合があります。そのにおいが何かに似ていると、原因はそこにあると勘違いしがちです。この機会にきちんとにおいの原因を知っておきましょう。

 

 

原因は乳酸菌?

 

乳酸菌のにおいはどんなにおい?と聞かれてイメージするのは「すっぱいにおい」ではないでしょうか?きっとそうお答えになる方が多いはずです。確かに、表現するとすればすっぱい感じがしますね。

 

オリモノのにおいでそれと似たようなにおいを感じたという経験がある方は多いでしょう。

 

「プレーンヨーグルトのようなにおい・・・」
「乳酸菌のせいだ!」

 

といった勘違いが発生します。確かに酸味のあるすっぱいにおいなので似ていますが、それが直接の原因になっているのではありません。

 

女性の膣の中には乳酸菌の一種である「デーテルライン桿菌」が常在菌として存在しています。このデーテルライン桿菌が膣の中を酸性にたもってくれているおかげで、雑菌が繁殖することなく、においがほとんどない清潔な状態をキープできているのです。

 

ですがこのデーテルライン桿菌は、ホルモンバランスが乱れたり、ストレスがたまったりすると減少してしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、すっぱいニオイが発生してしまうのです。

 

乳酸菌がにおいの原因ではなく、乳酸菌(デーテルライン桿菌)が減少することで雑菌が繁殖することが原因だったのです。

 

 

においを改善するには?

 

オリモノのすっぱいにおいを改善するには、膣内環境を整える必要があります。その為にしなければいけないことは、

 

・汚れは落としても善玉菌は落とさない!
・汚れや雑菌はしっかり落とす!
・膣内専用洗浄剤を使う!

 

になります。婦人科や産婦人科でも膣内洗浄は行ってもらえます。ですが、今は自宅で自分で膣内洗浄ができる商品が販売されています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、「インクリア」という商品になります。乳酸配合のジェルを膣内に入れるだけです。洗い流すというよりも、膣内の自浄作用を高めて環境を整えてくれます。

 

生理前や生理中などにおいが特に気になるときにも使っていただけるので、多くの女性から指示されているのでおすすめです。

 

また、洗い方にも注意が必要です。毎日何気なく普通のボディソープや石鹸を使ってゴシゴシ洗ってしまっていませんか?とてもデリケートな部分なので、専用の石鹸を使うことをおすすめします。

 

洗う時は、しっかりと泡立てて、泡で優しく前から後ろにかけて洗ってください。洗った後はしっかりとすすぎ残りがないように流してください。

 

 

病気の可能性もある?

 

オリモノというのは、元々ニオイがあるものです。すっぱいにおいがして、他に目立った症状がみられなければ、病気の可能性は極めて低いといえます。

 

ただ、においが悪臭であったり、生臭い、腐敗臭など、いつもと違った臭いで色も茶色や明らかに出血していたり、痒み、発熱、痛みなどがある場合は、何らかの病気のサインと考えておいてください。

 

主な病気としては、

 

・トリコモナス膣炎
・細菌性膣炎
・淋菌感染症
・子宮頚管ポリープ
・クラミジア
・カンジダ
・子宮筋腫
・子宮内膜炎
・卵巣がん
・子宮頸がん

 

といったものがあげられます。病気である場合、においだけでなく他に何らかの症状が現れる場合が多いです。普段からオリモノの色や量、ニオイはしっかりとチェックしておくようにしてください。

 

どんな病気であっても早期発見早期治療が大切です。オリモノのにおいは健康のバロメーターにもなると思っておきましょう。

 

オリモノのニオイは、ちょっとした体調の変化にも敏感に反応し変化します。毎日きちんとデリケートゾーンのケアを正しく行っているのににおいがするという場合、体が少しお疲れ気味というサインである場合があります。

 

少し休息をしっかりととってみてください。それでも改善されない場合は、早めに婦人科などを受診して相談することをおすすめします。